名刺のデザイン

 

名刺デザインに入る前

名刺をデザインする前に全ての情報を確認しておきます。
情報を追加しながらデザインしていくと全体像がイメージすることが難しくなるからです。
最初に名刺に入れたい項目を全て名刺に入れてましょう。

 

名刺デザインで目立たせる項目

名刺で一番目立たせる項目は使用方法によって変わってきます。
起業して間もない時は何をしている会社なのか、どんなサービスや商品を扱っている会社なのかを伝えなければならないので、それが一番アピールしないといけない項目であります。
名前や社名よりも、まずそれが伝わるように目立せ、キャッチコピーなどを名刺の上部などにレイアウトすると良いと思われます。
しかし、会社などに勤めているがパーソナルな活動を行っているから会社から支給される名刺とは別に使用したいという場合は自分の名前を一番アピールするようにすれば良いでしょう。

 

名刺デザイン時の情報レイアウト

名刺をデザインするときはレイアウトなどは会社名や名前、情報と分けて固めておきます。
その時に文字の左端をキッチリと揃えるとしっかりとした印象になるので良いと思われます。
文字組みのデザインは文字と文字の間隔も重要なので微調整しておくと良いでしょう。

 

名刺デザインに写真

写真を名刺に入れる場合、デザイン的に写真の位置は名前の横にするか、右上が良いと思われます。
自分で事業などする場合やパーソナルをアピールしたいときは名刺に写真や似顔絵を入れておくのも良いでしょう。
名刺を交換した後に写真や似顔絵が無いと相手の顔を忘れることがあるので、名刺を見ても誰だったのか思い出し難いので写真などを載せると良いでしょう。

 

 

 

名刺デザインのポイント

名刺デザインのポイントとして、書体の種類は2種類までにする、文字の大きさを揃える、文字の端を整列させる、文字の間隔を調整する、適度にスペースを作る、色をつける場合は文字が読み難くないかチェックするなどの項目に気をつけて作成すると良いと思われます。
名刺をデザインする際に気をつけた方が良いのが、ついつい欲張りすぎてゴテゴテになる、見辛くなる、などデザイン的にマイナスになることは避けて作成すると良いでしょう。

 

名刺を差し出すタイミング

名刺を差し出すルールとして、「訪問した側から」「目下のものから」という原則があるので覚えておきましょう。
しかし、複数での訪問や逆に訪問を受けるような場合は役職の高い人から順番に先に名刺を出します。
役職名では上下が良く分からないときや部署が異なる時、年齢が分かりづらい時などといった場合は相手が名刺を差し出した順番で上下関係を判断します。
応接室などの狭いスペースの場合は予め名刺を渡す順番を考え、ポジショニングするようにに配慮しましょう。
また先方が上司より先に部下に名刺を渡そうとする場合は一歩下がって上司に目線を送るなどして、先方にそれとなく上下関係を伝える配慮も必要となってきます。
逆に先方が複数の場合に名刺交換の順番は同様に役職の高い順になるので、慌てて順番を間違えないように注意しましょう。


Valuable information



中古トライクの販売







2020/9/30 更新

 

『名刺』 最新ツイート

@syukatsunogokui

【就活便利グッズ7選!】 ①腕時計 ②手帳 ③メモ帳 ④名刺(名刺入れも!) ⑤ホワイトボード ⑥ボイスレコーダー ⑦スマートフォン #就活 https://t.co/zOlVjKC1ZX

3分前 - 2020年12月05日


@pocketniaikawa

ビバ課長です。 左下は名刺😄 https://t.co/3cR0jfpri0

7分前 - 2020年12月05日


@raiseisyou

あったらいいな② SAKURA福袋。通販対応。 メンバー事。期間限定受注販売。 ・運動配信のTシャツ(サクラ学院?学園?) ・おみくじチェキ・サイン入り ・メンバーチョイスの過去のサテライト配信のブロマイド・サイン入り ・直筆メッ… https://t.co/VmP8DaothZ

8分前 - 2020年12月05日