先輩ママに教わった気になる妊娠線の産後のケアポイント

先輩ママは保湿に気を付けていた

妊娠線予防は妊娠中のお手入れがポイント先輩ママは保湿に気を付けていた産後ケアも肌の乾燥を防ぐことが大切

妊娠中に彼女が注意していたのは、お風呂上りにクリームなどを塗ってマッサージを欠かさずケアをするというものでした。
お風呂から上がって体が濡れた状態のところにストレッチマークのケア専用のクリームを塗りのばし、優しく丁寧にマッサージをするという方法です。
あまり強くさするような方法は刺激を与えすぎるので注意が必要なようですが、保湿を心がけることがポイントとのことでした。
私の妊娠線も出始めのときは赤紫色っぽかったのですが、時間がたつと徐々に黒ずんできました。
産後は徐々に色が薄くなってゆき、2か月を過ぎたころには白っぽくなって、見た目にはできたての頃のように目立つことはなくなりました。
でも、赤ちゃんを産んだとたんにしぼんだ風船のようになってしまったお腹周りは、仕方がないこととはいえ女性としてなんだかとても悲しい気持ちになってしまったのは事実です。
できてしまったマークをなかったことにするのは不可能ですが、産後ケアのポイントとしては肌を引き締めてハリやたるみを予防するお手入れが必要なようです。
自分でできる方法で、なるべく目立たないように薄くするためのお手入れが大切なのだそうです。

https://nocor.jp/できてしまった妊娠線ケア